セキュリティ

モバイル端末管理(MDM)ソフトウェア
「MobiControl」

モバイルデバイスマネジメント MDMソフトの最高峰。 セキュリティもマネージメントもすべてをサポート



10年を超える実績。世界120ヵ国、80000社以上へ導入。
世界が認めたMDMソフトウェア。

MobiControlの特長

端末メーカと共同開発

MobiControl開発元の優れた技術と機能が認められ、端末メーカと共同で開発を行なっています。今までのMDMソフトはOSに合せて開発していたので、提供できる機能が不安定になることが多々ありました。しかし、MobiControlは端末メーカーと共同開発しているので、安定した機能を継続して提供可能です。
もしも、OSバージョンが上がったとしても提供されていた機能は引続き安心してご利用になります。それだけでなく、ファームウェアのバージョンアップで更に機能追加することも可能です。

セキュリティ対策機能を標準装備

Android端末向けにマルウェア対策機能、webフィルタリング機能を標準装備しています。これにより、追加費用の必要なく、多くの脅威から企業情報・資産を守ることができます。

MDMはセキュリティだけじゃない。効率的な運用・管理をサポート

組織ごとに階層管理が可能
セキュリティ対策機能はMDMソフトでは一番重要に思えるかもしれません。でも、実際の業務ではセキュリティ対策に費やすコストよりも運用・保守にかかるコストのほうが圧倒的に多いのです。
MobiControlは組織をグループ化して階層での管理ができるようになっています。また、ビジネスツール・メッセージの一括配信、アプリの自動配布・自動インストールなど運用・保守を効率良くできる機能が充実しています。複雑で面倒な管理から解放され、シンプルで効率的な環境を構築する。それは業務全体のコストダウンにもつながります。

マルチOS対応なのでライセンス移動も簡単
マルチOS対応ですので、iPhoneからAndroidへ端末変更する場合でも簡単にライセンスを移動できます。MobiControlでは管理端末数に対してライセンスを発行するので、管理端末総数を越えなければライセンスの使いまわしが可能です。端末変更のたびに管理ツールを変更する必要がなくなるので、時間もお金もかかりません。

専用端末化 (ランチャー)による機能制限

MobiControlは専用の起動画面(ランチャー機能)により、許可したアプリだけをランチャー画面に表示させることができます。これにより、利用機能の制限を行いつつ、メニューの単純化による誤操作防止が可能になります。

マルチOS、マルチプラットフォームに対応

スマートフォン、PC端末も含めたトータルサポートが可能です。
iOS4以上、Android OS 2.2以上、WindowsCE, Windows Mobile, Windows XP,7,8,Windows Sever(2003/2008)に対応。

多言語対応

MobiControlは標準で多言語に対応しています。
※日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、中国語(繁体字、簡体字)、韓国語

フルリモートで操作可能な強力ヘルプデスクツール

電話だけではイメージが伝わりづらい場合でも、MobiControlなら、遠隔操作により管理画面に端末を映し出し、遠隔地にある端末を直接操作することができます。例えば、不具合の出たアプリをその場で修正ができるので、すぐに業務復帰ができ、ダウンタイムの大幅な削減も可能となります。

こんなときにチカラを発揮します

盗難や紛失時に素早く対応したい

端末の紛失や盗難対策として、予めパスワードを複雑化することが肝心ですが、イザとなった場合に速やかに対処することも必要です。MobiControlは紛失や盗難といった、イザという時にリモートでのロックやワイプを直ぐに実行出来ます。
また、管理サーバーへ一定期間の接続がない端末に対し、MobiControlはロックやワイプなどのスクリプトを実行することが出来ます。

端末の機能を制限したい

MobiControlはWebフィルタリング機能を標準で搭載しているので、安全にウェブサイトの閲覧が出来ます。iOS端末はデフォルトでインストールされているブラウザ/App Store/YouTube/iTunesの制限が可能です。その他のアプリはレーティングによる制限が可能です。Android端末ではデフォルトでインストールされているブラウザ/Google Play/YouTubeを制限できるだけでなく、その他のアプリもブラックリストで制限が可能です。
管理者が許可したアプリだけ利用させたい場合は、MobiControl専用の起動画面のランチャー機能を使えば可能となります。その他、電話の発着信を制限することが可能です。

BYOD対策をしたい

端末利用者へ「MDMソフト導入への同意」を取り付けると共に、業務で用いるデータ類は「コンテンツ管理機能」を利用することによって、不必要になったらそのデータ類だけ削除が可能となり、個人のデータ領域を保護します。

ウイルス対策をしたい

スマートフォンの普及につれ、マルウェアやウィルスなどの脅威に晒される状況が増えています。企業で運用されるPCと同等のセキュリテイ対策が要望される中、MobiControlはマルウェア/ウィルス対策機能を標準で記載しているので、スマートフォンを安全に運用することが可能です。

従業員がどこにいるか知りたい

端末のGPS機能を利用して、現在位置の情報取得や表示が可能です。例えば、現場に急行させたい従業員の現在位置を知る場合に有効な機能になります。また、この機能を応用して、過去の移動履歴の表示も可能となっています。

組織図と同じ構造で管理したい

管理する端末数が増えてくると如何に効率よく管理できるか、が鍵となります。MobiControlは企業の組織体系をそのまま管理体系とすることが可能なので、見やすい画面構成にくわえ、実際の業務単位での端末管理の効率が向上します。

アプリを一括配信したい

Android端末でアプリのインストールを行おうとすると、端末ユーザーの操作が必要となります。MobiControlは自動でアプリをインストールさせる(サイレントインストール)機能を持っています。この機能により、アプリインストール時の端末ユーザー操作を開放することが可能になりました。

端末情報を監視したい

端末からは様々な情報を取得することが可能で、その情報を管理画面に一覧表示させることにより、どの様な端末でどういう状況なのかがすぐにわかります。例えば、アプリをインストールしたい場合のストレージ容量やバッテリー残量、通信電波強度などが確認出来るので管理の効率が向上します。

メッセージを配信したい(災害対応)

端末ごとやグループ配下にある全端末に一斉にメッセージを送信出来ます。メッセージを受け取った端末ユーザーが会社に連絡するなどの方法によって災害時の安否確認などにも活用が期待されます。

MobiControlの価格

ご利用料金プラン
SaaS 初期費用 ¥50,000サーバ構築・設定費用(貴社専用サーバをご提供いたします。)
サービス利用料(月額) ¥500(1クライアントあたり) オプションサービスなしの、フル機能でご使用頂けます。
(ウイルス対策ソフト込)
・最低利用期間は6か月から
・最低台数は50台から

※表示されている価格は全て税抜価格です。

評価版をご用意しております。お問合せフォームからご依頼ください。

CONTACT お問い合わせ

サービスのご相談、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5213-4580(代表)
月~金曜 9:00~17:00

PAGETOP