セキュリティ

セキュリティ向上、運用コスト削減を実現する
「Parallels Remote Application Server」

Parallels Remote Application Serverは、 仮想アプリケーションとデスクトップを簡単に配信するソリューションです。
サーバー構成はシンプルで、1つの管理コンソールで全体を把握出来、 他のソリューションでは複雑な作業も容易に対応することが可能な コスト効果の高い製品です。直感的なウィザードや自動設定機能の搭載により、 初期設定から設定変更、システム拡張まで、アプリケーションとサーバーを すばやく簡単に展開・設定することが出来ます。

Parallels Remote Application Serverは統合型のソリューションで、 RDSとVDI配信両方を兼ね備え、リソースベース及びセッションの負荷分散、 ユニバーサルプリント及びスキャン、レポート機能などが予め搭載されていますので、 システムの拡張時に新たなライセンスの購入を必要としません。

仮想アプリケーションとデスクトップ管理を一元化することによって、 管理者がシームレスなモバイルアクセスを提供でき、 同時にインターネット分離されたシステムはセキュリティの向上とITコストの削減を実現します。

シンクライアント導入のメリット

1. セキュリティの強化

近年急増する標的型攻撃への対処法として「インターネットとの分離」が推進されています。インターネットアクセス用のセグメントと業務用セグメントを簡単に分離する手段として、シンクライアントが採用されています。

シンクライアント側にデータを保管できませんから、情報の盗み出しが困難となります。また、サーバー側で集中管理できますので、エンドユーザによる勝手な設定変更もできず、セキュリティレベルを維持できます。

2. 運用管理コストの低減

シンクライアント開発の背景がTCO削減であったように、 多くの企業は運用管理コスト削減を目的に導入しています。管理がサーバー側に集中しますので、ファットクライアントと比較して、大幅に管理の手間とコストを削減できます。
Parallels Remote Application Server は 他のソリューションより安価なライセンス価格と、直観的に利用できる構成ウィザードとRDSとVDIの環境を単一画面で管理することで簡単に構築・運用することが可能です。

3. クライアントPCの延命

シンクライアント開発の背景がTCO削減であったように、 多くの企業は運用管理コスト削減を目的に導入しています。管理がサーバー側に集中しますので、ファットクライアントと比較して、大幅に管理の手間とコストを削減できます。
Parallels Remote Application Server は 他のソリューションより安価なライセンス価格と、直観的に利用できる 構成ウィザードとRDSとVDIの環境を単一画面で管理することで簡単に 構築・運用することが可能です。

4. 環境の変化への対応

シンクライアントは、BYOD、在宅勤務、テレワークなどのワークスタイルの変化や、企業の合併や吸収など、端末の急増にすばやく対処することが可能です。

システム構成

  • High Availability Load Balancing (HALB (Master/Slave))

    HALB (高可用性ロードバランス) は、ユーザーと Parallels Secure Client Gateway の間に配置されるソフトウェアソリューションです。多くのHALBアプライアンスを同時実行できます。1つがマスターとして機能し、その他がスレーブとして機能します。

  • Secure Client Gateway (SCG)

    アプリケーションで必要とされるすべてのトラフィックを単一のポートでトンネリングして、セキュアな接続を実現します。

  • Publishing Agent (PA (Master/Backup))

    公開済みのアプリケーションおよびデスクトップのロードバランスが実行されます。

  • RDS/Terminal Server (RDS/TS)

    Windows Server のサーバーロールです。このテクノロジーによってユーザーはバーチャルデスクトップおよびセッションベースのデスクトップとアプリケーションに接続できます。

  • RAS Web Portal (RWP)

    クライアントの自動検出機能とクライアントの配布ポイントを備えたウェブページです。RAS Web Portal により、後悔済みのリソースにウェブブラウザー経由でアクセスできます。また、OEM を可能にします。

  • RAS Reporting Service (RRS)

    MS SQL Server を用いて、アプリケーションやデバイスの利用状況など、より詳細でグラフィカルなレポートを提供します。

  • Active Direcroty (AD)

    ログイン認証や、各種ポリシー権限のためのユーザー・グループ管理に利用します。

CONTACT

サービスのご相談、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP