ディスクロージャーポリシー

  1. 基本方針
    当社は、企業情報の開示にあたり、特定の者に対する選択的開示とならないよう配慮するとともに、株主を含む一般の投資家、機関投資家及びアナリストの皆様に対し、迅速かつ公平・正確でわかりやすい企業情報の開示に努めてまいります。
  2. 情報開示の基準
    当社は、金融商品取引法をはじめとする諸法令及び東京証券取引所の定める「会社情報の適時開示等(以下、「適時開示規則」といいます)」に従い、情報開示の適時性、透明性、公平性及び継続性の確保を基本としております。また、諸法令及び適時開示規則に該当しない場合でも、株主や投資家に対して重要あるいは有益であると判断した場合には、個人情報、顧客情報及び関係者の権利侵害となる情報を除き、積極的かつ公平に情報を開示いたします。
  3. 情報開示の方法
    適時開示規則の定める情報の開示は、東京証券取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)を通じて東京証券取引所のウェブサイトに開示するとともに、速やかに当社ホームページにも開示いたします。また、適時開示規則に該当しない情報についても、株主や投資家に対して重要あるいは有益であると判断した場合には、東京証券取引所及び当社ホームページへの開示に努めてまいります。
  4. インサイダー取引の未然防止
    インサイダー情報の管理については、「内部情報管理規程」を制定してその防止を図っております。また、毎年、役職員を対象とした社内教育を開催し、ハンドブックを配布するなどして周知徹底と注意喚起しております。
  5. 業績予想および将来情報の取り扱い
    当社の開示資料の中で業績予想、現在の計画及び将来の見通しなどについては、過去又は現在の事実に関するもの以外は、当社が現時点で入手可能な情報から得られた経営者の判断に基づいております。したがいまして、実際の業績等については、経済情勢や市場動向等さまざまな要因によって、開示した業績予想等と異なる結果になる可能性がありますので、全面的に依拠することはお控えください。
  6. 沈黙期間
    当社は、決算情報(四半期決算情報を含む)の漏洩を防ぎ、情報開示の公平性を確保するため、決算期末日の翌日から各決算発表日までを「沈黙期間」と定め、この期間中は決算及び業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、「沈黙期間」であっても業績予想が大きく変動する見込みが出てきた場合には、適時開示規則に従い適宜公表することとしております。

平成31年1月21日
株式会社SIG
代表取締役社長 石川 純生

CONTACT お問い合わせ

サービスのご相談、資料請求など、お気軽にお問い合わせください。

03-5213-4580(代表)
月~金曜 9:00~17:00

PAGETOP